ウエアハウス(WARE HOUSE)、はアメカジのヴィンテージレプリカブランドです

ご注文方法 ラグタイムの紹介 お客様の声 お問い合わせ

WAREHOUSE(ウエアハウス)

商品一覧バナー

ブランド説明
ウエアハウス、WAREHOUSEバナー

ウエアハウス(WAREHOUSE)

ブランドコンセプト

ウエアハウス WARE HOUSE は1995年の創立、流行というファッションが左右される業界で、 信念を曲げずに、それに流されない、「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けているブランドです。 ウエハウス(WAREHOUSE)は縁あって出遭った一着のヴィンテージを、それが生産された時代の背景を考察し、 糸の一本から生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで、徹底的に研究しています。さらに、ただ復刻するだけではなく、生産された当時の無骨さや、 仕事に従事するためのユニフォームであった匂いなどヴィンテージ古着の風合いを消さないようにサイズアレンジにも取り組んでいます。 ウエアハウスの衣料はデザイナーズブランンドではありません。それは当時のワークウエアやデイリーウエアにデザイナーの名前が残っていないように、 誰が作った衣料であるか分からないからこそ、ウェアハウスは、その衣料がさらに魅力的であると考えるからです。 これからもデニムや、ネルシャツ、スウェットやスタジャンなどを作り続けることでしょう。 一着のヴィンテージ古着との出遭いがある限り、我々の探究心が尽きることはありません。
さらにファッションアイテムとして「気軽に着ることのできるスタンダードなアメリカン・デイリーカジュアル」を テーマに生まれたのがダブルワークス(DUBBLE WORKS)も目が離せません。 ヴィンテージ古着の事なら、この人を置いて他にない!というラリー・マッコイ氏協力の元作られたヘラーズカフェ(Heller's Cafe)。 ヴィンテージの資料でしか見たことの無いアイテムがウエアハウスの手によって復活しています。 またアメリカが最も力強く活きていた1900年代初期のワークウエアを研究し作り出すダックディガー(DUCK DIGGER)も玄人好みながら、クオリティに驚かされます。 アメリカのダウンベストやダウンジャケットを中心に展開していたロッキーマウンテンの別注ダウンベストや、9.11の時ファイヤーマンに無償提供したウエインブレナーの別注ブーツなど アメカジを知ってるものだからこそ作れるウエアは本物の洋服を提供してくれます。
ウエアハウスではスタンダードのデニム1001XXや1105などが復刻したりと精力的に活動したり、色落ちがやはりヴィンテージを知り尽くした 人たちが作ったりと、日本にアメカジウエアを提供してくれる偉大なブランドです。そんなウエアハウスの通信販売を行っています。


また、当店では、ウエアハウス以外にもテーラー東洋やフェローズなど、多数ブランドを取り扱っております。
>> テーラー東洋はこちら
>> フェローズはこちら

商品一覧バナー

トップページへ

ラグタイム楽天SHOP
楽天ショップへ

在庫数・種類は一緒!